STEP1

浄化計画の立案

浄化計画の立案イラスト

土壌汚染の対策には、掘削除去や原位置浄化、封じ込め等、様々な方法があります。
STEP2までの調査結果をもとに、有害物質の種類や汚染状況、事業者ニーズに合わせて
最適な工法を検討・選定し、浄化計画を立案します。

工法選定

環境保全対策と環境測定方法
など、
工事での注意点も
アドバイスいたします。

土壌汚染対策工事を行う場合は、注意すべき点を把握しておかなければ、
かえって汚染を拡散させてしまうこともあります。
そのため当社では、施工時に実施すべき環境保全対策と、その対策が機能していることを
検証するための環境測定方法もご提案し、
その他工事を進める際の注意点もアドバイスいたします。

 施工のページへ